My documentary film was updated along with the new online exhibition in Keiko Art International's website. 
The link for the online exhibition page is:
http://www.keikoartinternational.com/exhibitions/2016/exhibit_13_kosogawa.html

小曽川 瑠那の作品制作フィルムをご覧いただけます。(Website・You-Tube)

Keiko Art International制作。ディレクション:深井桂子 Keiko Fukai /カメラマン:鈴木雄介 Yusuke Suzuki/音楽:土肥淑子 Yoshiko Doi

Schedule & Informations (2020)

- 2020

Exhibit : ART FAIR PHILIPPINES (Manila, Philippines)

2020.2.21-2.23

THE LINK AYALA CENTER MAKATI  (Booth : Energy field, BIWAKO Biennale)

https://artfairphilippines.com

Exhibit : Group Show/ Microcosmos (Toyama, Japan)

      ミクロコスモス展

2020.2.29-9.22 *会期が延長されました。

富山市ガラス美術館

http://toyama-glass-art-museum.jp

http://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/exhibition-3270/

Exhibit : Solo Show  (Tokyo, Japan)

     個展

2020.5.27-6.2 *来年7月に延期となりました。

日本橋髙島屋6階美術工芸サロン

https://www.takashimaya.co.jp/

Exhibit : Online Pop-up-show

2020.6.10-6.30

KEIKO ART INTERNATIONAL

http://keikoartinternational.com

Exhibit : BIWAKO BIENNALE 2020 (Shiga, Japan)

​     国際芸術祭 BIWAKOビエンナーレ

2020.9.12-11.8→10.10-11.23 *会期が変更になりました。

​International Art Festival in OMIHACHIMAN

http://energyfield.org/biwakobiennale/

Exhibit : FUJINOYAMA BIENNALE 2020 (Shizuoka, Japan)

​     駿河の国の芸術祭 富士の山ビエンナーレ

2020.10.24-11.23

Art Festival in FUJI, SHIZUOKA, FUJINOMIYA

http://fujinoyama-biennale.com

News & Exhibit : Online Pop-up-show

2020.6.10-6.30

In Between the Rain and the Sun -Bud

Neodymium glass, W95 D85 H90 mm, 2020

A Dew of Color 2020, The Petal that Reminds... 2020

​Glass

Flower Diary-3, 2020 

Unglazed porcelin

W115 D80 H33 mm, 2020

KOSOGAWA Runa Online Pop-up-show

http://keikoartinternational.com/artists/kosogawa_runa.html

5月に予定しておりました個展は、コロナ禍により2021年7月 に延期となりましたが、

展示予定だった作品の一部を「Keiko Art International」のウェブサイトで販売いたします。

うららかな気持ちになることを想い、今回は明るいお色目のもの、光によって変色するガラス、磁器土で制作したもの、

お手に取りやすい小さめサイズをご用意させていただきました。

また、未来を担う若者の一助になることを願い、売上の一部を一般社団法人Colabo(虐待や貧困に苦しむ少女たちの支援団体)に

寄付いたします。

オンライン販売:2020年6月10日(水)~6月30(火)

販売サイト:「Keiko Art International」のウェブサイト上

       http://keikoartinternational.com/artists/kosogawa_runa.html

◉ 海外向けのウェブサイトのため英語表記ですが、オーナーさんは日本在住の日本人です。

  日本語でお問い合わせください。

◉ 作品のお問い合わせは、画面右上のCONTACTをクリックしてください。

 ・お名前、メールアドレスを入力

 ・InterestsはGlassにチェック

 ・お問い合わせ作品については、Message欄に日本語でご入力ください

 後日、Keiko Art Internationalよりメールが届きます。

Keiko Art International とは??

2012年まで、アメリカ(ボストン)で「KEIKO Gallery」を主宰。

日本に帰国後「Keiko Art International」を立ち上げ、日本人作家を海外に紹介する活動を行う。

作家紹介映像の制作、海外の美術館やギャラリーでの企画展、ホテルや公共空間のアートディレクションを手がけている。

 

2009年から小曽川作品を取り扱って頂いています。

作家として独立した2011年に「KEIKO Gallery」で個展の機会を頂き、「Keiko Art International」に形態が変わった今も

作家紹介映像や英語ステートメントの作成、海外のホテルの作品設置など数え切れないほどお世話になっています。

本来は海外向けの紹介サイトですが、コロナ禍により展示の機会が激減している作家のためにと立ち上がって下さいました。

私の個展も延期になりましたので、Keikoさんのご厚意に大変感謝しています。

この機会にぜひご覧いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます

                                         2020年6月5日    小曽川瑠那

Exhibit : Solo Exhibition

     Runa Kosogawa - In Between the Rain and the Sun 2020   (Tokyo,Japan)

2020.5.27-6.2 *2021年7月に延期となりました

In Between the Rain and the Sun -Bud

Neodymium glass, W95 D85 H90 mm, 2020

小曽川 瑠那展  

 - Between the Rain and the Sun 2020

http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/

*最前線でご尽力下さっている医療関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。
個展開催は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため来年(開催予定2021年7月7日-13日)に延期となりました。​

ゆっくりご覧いただける時に備えて免疫力を上げ、今やれる事を考えながら行動に移していきたいと思います。
皆様も引き続きご自愛のうえ、お過ごし下さいませ。

再びお会いできる日を楽しみにしております。

会期:2020年5月27日(水)~6月2日(火)

場所:日本橋髙島屋6階美術工芸サロン

   (最終日は16時閉場、土日は臨時休業の可能性がございます。)

            東京都中央区日本橋2-4-1

            03-3211-4111

*未来を担う若者の一助になることを願い、売上の一部を一般社団法人Colabo(虐待や貧困に苦しむ少女たちの支援団体)に寄付致します。

May 27 Wed. - June 2 Tues. , 2020

Hours 
Address  Art Gallery, Nihonbashi Takashimaya 6th Floor

Tel (+81)3-3211-4111

News :  Tokyo, Japan

このような状況下でのお知らせですが、3月29日に羽田空港 第2ターミナルに全日空国際線ラウンジがオープン。

携わらせていただいたアートワークがANA SUITE LOUNGE(4F)に設置されました。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/inflight/guide/lounge/features/hnd_t2/

空や海の青を基調にした作品です。
水を模した分厚い光学ガラスの下に、ガラスの青い翼を設置。プログラミングされた照明により翼が見え隠れします。

今回、分厚いガラスが自身で取り回しできるサイズではなかったため、ガラス加工の職人さんのお力をお借りしました。
たくさんの方々のお力添えのもと、完成に至りましたことを心より感謝申し上げます。

 

新型コロナウィルス感染症が終息し、平穏な日常が戻ってくる日を願っております。

《Crossing  - 35° 33' 12 "N / 139° 46' 52 "E 》

Exhibit : Microcosmos  experimenting with new kinds of interaction (Toyama, Japan)

     ミクロコスモス  あらたな交流のこころみ

2020.2.29-9.22 *会期延長

ミクロコスモス あらたな交流のこころみ​

http://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/exhibition-3270/

*新型コロナ感染症拡大防止のため、4/14-5/20まで臨時休館していましたが、5/21(木)より再開されました。

 会期は6/21(日)までの予定 → 9/22(火)まで延長されることになりました。

 詳細は http://toyama-glass-art-museum.jp/news/news-3504/

会期:2020年2月29日(土)~9月22日(火・祝)

会場:富山市ガラス美術館 2階 展示室1・2

開場時間:9:30-18:00  

          金曜・土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)

閉場日:第1、第3水曜日(ただし5/6(水)は開場、5/13(水)は閉場)

入場料:700円、大学生500円

出品作家:伊藤真知子、猪野屋牧子、勝川夏樹、小曽川瑠那、言上真舟、谷口嘉、渡辺知恵美(50音順)

Microcosmos  experimenting with new kinds of interaction

Feb. 29 Sat. - Jun. 22 Sun. , 2020

Hours 9:30-18:00 / closed on (1&3)Wed. 
Address  Toyama Glass Art Museum

Admission  Adults 700yen

Exhibit : ART FAIR PHILIPPINES (Manila, Philippines)  / アートフェア フィリピン (マニラ, フィリピン)

終了しました

2020.2.21-23

アートフェアフィリピンに出品いたします。

一昨年、参加させていただいたBIWAKOビエンナーレのブース (Energy Field) からの参加です。

https://artfairphilippines.com

THE LINK AYALA CENTER  MAKATI

Dates & Hours : 21 -23 February 2020  
                            Friday - Sunday  / 10 am - 9 pm

Tickets : PhP 350.00Entrance Fee

 

Concession Tickets : PhP 150.00Students with valid IDs

          PhP 100.00Makati Students with valid IDs

Exhibit : Group Show  (Tokyo, Japan) 

     HANDS   台風19号・豪雨災害支援チャリティ展(東京)

終了しました

2019.12.26-29

HANDS   台風19号・豪雨災害支援チャリティ展(東京)

https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/topics/art.html

会期:2019年12月26日(木) - 29日(日) 

         10:00 - 20:00(*最終日は午後4時にて閉場)

会場:新宿髙島屋 10階美術画廊

展覧概要:

令和元年台風第19号(2019年10月10~13日)は、東日本と東北地方を中心に広い地域で記録的な大雨となり、多くの地点で12時間降水量等の観測史上1位の記録を更新するなど、この台風の影響による広い範囲での甚大な被害は想像を絶するものとなりました。
被害にあわれた皆さまへ謹んでお見舞いを申しあげます。
この様な天災に際し美術家に出来ることとは?美術の力で微力ながらでも力になれる事はないか?と、仏師であり彫刻家の加藤巍山氏の

お声掛けの元、約20名の作家が集いチャリティ展を開催する運びとなりました。
一日も早い被災者さまの生活再建を心よりお祈り申しあげますと共に、短期間で集まった作家の熱い想いのこもった今展を通じその一助に

なれましたら幸甚に存じます。
どうぞ御高覧賜りますようご案内申しあげます。
髙島屋美術部
*今展の売上の一部は、出品作家を通じ日本赤十字社に寄付されます。

News :  Osaka, Japan

大阪難波の新歌舞伎座跡地にオープンしたミュージアムホテル 

<ホテルロイヤルクラシック大阪>に作品2点が収蔵されました。

小曽川の作品は、17Fと19Fプレミアムルーム階のエレベーターホールに設置されています。

Official Website https://hotel-royalclassic.jp

https://bijutsutecho.com/magazine/news/promotion/20937

Flower Diary 2019 

Glass, W437 D330 H320 mm, 2019

 

輝く陽の下で / Under the Shining Sun 

Glass, W420 D425 H120 mm, 2010

Exhibit : Group Show  (Tokyo, Japan) 

​     The Winter's Tale (東京

終了しました

2019.12.6-12.14 (12.8closed)

たゆたう光のなかで  /  Glass, W220 D220 H142 mm, 2019

The Winter's Tale

https://www.g-murakoshi.com/exhibition/winters-tale/

会期:2019年12月6日(金) - 12月14日(土) 

         10:00 - 19:00(土曜日は18:30まで、日曜休廊)

   12月6日(金)レセプション 21:00まで

会場:村越画廊

   東京都中央区銀座6-7-16 岩月ビル8階

            03-3571-2880

出品作家:谷口 朋栄、野間 祥子、小野 有美子、小曽川 瑠那

Exhibit : Group Show  (Toyama, Japan) 

​     Glass Art Toyama (富山

終了しました

2019.11.7-11.12

Glass Art Toyama2019 

http://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/glass-art-toyama-2019/

富山市は30年以上にわたり「ガラスの街づくり」を続けてきました。

本展に出品する11人は、この地で制作活動を行っていた、あるいは現在も活動を続けている作家です。

彼らは、それぞれ独創的な発想や素材へのアプローチを示しています。

富山ゆかりの作家が生み出した現代ガラスの多様な表現の魅力をお楽しみください。

 

*小曽川は「記憶のなりたち2019」、「闇の残像」、「深い静寂 」を出品いたします。

会期:2019年11月7日(木) - 12日(火) 

         9:30 - 18:00(金・土曜日20時まで、最終日15時まで)

観覧料:無料

会場:富山市ガラス美術館 ギャラリー1・2 (5F)

   富山市西町5-1

   076-461-3100

出品作家:今井瑠衣子、伊藤真知子、岸本耕平、小林千紗、小島有香子、小曽川瑠那

     佐々木雅浩、佐々木類、高木基栄、津守秀憲、横山翔平

 

Event : Open Atelier  (Gifu, Japan)

終了しました

2019.10.26,27

「飛騨の工房めぐり」

https://hidamokkou.hida-ch.com
飛騨高山の木工、陶芸、織り、版画、ガラスの工房を解放して皆さんに巡っていただくイベントです。
10/26(土), 27(日) 10:00-17:00

Exhibit : Solo Show  (Tokyo, Japan) 

​     小曽川 瑠那 展 - 季のけしき-(東京)

終了しました

2019.9.4-9.13

手前 右 / ひかりのけしき・Scenery of Light  / W104 D96 H37 mm

手前 左 / かげのけしき・Scenery of Shadow / W153 D25 H93 mm

後方 右 / かげのけしき・Scenery of Shadow / W106 D25 H175 mm

後方 左 / ひかりのけしき・Scenery of Light / W140 D28 H73 mm

小曽川 瑠那 展  - 季のけしき - 

RUNA KOSOGAWA Exhibition  -toki no keshiki-

http://hana-asagi.jp

本展ではギャラリー名にちなみ、あさぎ色の作品を中心に展示いたします。

移りゆくけしきをぜひご高覧ください。

 

会期:2019年9月4日(水) - 9月13日(金) 

         11:00 - 19:00(最終日は17時まで)

会場:ギャラリー花あさぎ

   東京都千代田区内幸町1-1-1
   帝国ホテルプラザ 東京3F

            03-6273-3139

 

Exhibit : Group Show  (Tokyo, Japan) 

​     植物考 - 香満衣- 展(東京)

終了しました

2019.5.1-5.7

輝く陽の下で 2018 /  Glass, W90 D74 H80 mm, 2018

植物考 -香 満 衣- 展

https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/departmentstore/topics/art.html/index.jsp?&listname=7

 

会期:2019年5月1日(水) - 5月7日(火) 

         10:30 - 19:30(最終日は16時閉場)

会場:日本橋髙島屋S.C. 本館6階 美術画廊A,B,S

   東京都中央区日本橋2-4-1

            03-3246-4310

作家(敬称略・五十音順)

《洋画》安彦文平/伊藤晴子/大城真人/大谷有花/金井訓志/城康夫/西房浩二/野口俊介/森吉健/和田直樹

《日本画》池田美弥子/猪熊佳子/岩田壮平/大河原典子/岡村智晴/北村さゆり/鹿間麻衣/伴戸玲伊子

《工芸》河村尚江(染色)/黒木紗世(漆)/小曽川瑠那(硝子)/宮田彩加(刺繍)/百瀬玲亜(漆)/留守玲(金工)

Exhibit : Group Show  (Kyoto, Japan) 

​     室礼展2019(京都)

終了しました

2019.3.26-5.6

室礼展 OfferingsⅤ〜Original Memory〜

http://kyoto.theterminal.jp

京都の町家で展示いたします。

展示作品のほか、小品を数点販売いたします。

会期:2019年3月26日(火) - 5月6日(日) 

         9:00 - 18:00プレスビュー

会場:The Terminal KYOTO

            京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424番地
TEL : 075-344-2544

アクセス:市営地下鉄「四条」駅下車(6番出口) 徒歩6分

     阪急電鉄 「烏丸」駅下車 徒歩6分
     四条烏丸交差点より徒歩6分

作家・主催者

【版画】鈴鹿芳康 【木工芸】中川周士

【写真】シーズン・ラオ/北義昭/佐伯剛/大山行男/ジョン・アイナーセン

【金属彫刻】志村高弘/藤原昌樹 【絵画】廣海充南子/榊和也/島上直子/南英登

【陶芸】うらゆかり/山本哲也 【ガラス】神代良明/小曽川瑠那

【人形】面屋庄甫 【造形】コウノシゲコ 【漆工芸】土井宏友

【3D画像システム】森田青樹 【挿花】賀幡圓定

Exhibit : ART FAIR TOKYO 2019 (Tokyo, Japan) 

​     アートフェア 東京2019(東京)

終了しました

2019.3.7-10

息を織る2019 /  Glass, W234 D75 H234 mm, 2019

アートフェア東京 2019

http://artfairtokyo.com/2019

アートフェア東京に参加いたします。

国際フォーラム地下1階ロビーギャラリー内、No.C09 T.A.G Gallery(富山ブース)から

新作を含めた4点を出品いたします。

富山にゆかりのある作家が展示します。

 

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいますよう、よろしくお願いいたします。​

会期:2019年3月7日(木) - 10日(日) 

   *7日は招待のみ、一般公開は8日〜

           7日(木)13:00 - 14:00プレスビュー

                       14:00 - 16:00プライベートビュー

                       16:00 - 20:00ベルニサージュ

           8日(金)11:00 - 20:00パブリックビュー

           9日(土)11:00 - 20:00パブリックビュー

           10日(日)11:00 - 17:00パブリックビュー

会場:東京国際フォーラムB2F、B1F

   小曽川の展示場所:B1FロビーギャラリーCrossing内 C09 T.A.G.Gallery

​   *B1Fエリアは入場無料です

入場料 (税込):一般 ¥5,000 (前売 ¥4,000)

--

ART FAIR TOKYO 2019

March 7 Thurs. - 10 Sun. , 2018

Hours 7 Thurs. / 13:00-20:00

           8 Fri. &9 Sat. / 11:00-20:00

          10 Sun. / 11:00-17:00


Address  B1F Crossing  Booth : C09 T.A.G.Gallery, Tokyo International Forum (Free area)

Admission  Adult  : ¥5,000

 

Exhibit : ART FAIR PHILIPPINES (Manila, Philippines)  / アートフェア フィリピン (マニラ, フィリピン)

終了しました

2019.2.21-24

アートフェアフィリピンに出品いたします。

昨年参加させていただいたBIWAKOビエンナーレブース(Energy Field)からの参加です。

https://artfairphilippines.com

 

Exhibit : NEW ACQUISITIONS 2018 (Germany)

             2018年の新コレクション展 (ドイツ)

終了しました

2019.1.12-5.5

NEW ACQUISITIONS 2018 / 2018年の新コレクション展

http://www.glasmuseum-lette.de/en/exhibition/current/

​2018年にコレクションされた3点が展示されます。

・Profound Silence 2016 / 深い静寂

​・Engraved on Life 2015 / ひかりを刻む

​・ Accumulated Memory 2013 / 記憶のなりたち

January 12 Sat. - May 5 Sun. , 2019

( after 5 May, my 3works will be exhibited in a showcase in Museum's Glasdepot. )

Hours  Wednesday + Saturday: 2 – 5 pm
            Sunday: 11 am – 5 pm

Address  Glass Museum Lette

                The Ernsting Foundation in Coesfeld-Lette, North-West Germany

Admission  2,00 EUR
Combination ticket (Museum und Depot): 3,00 EUR
Children and teenagers: Admission free

Guided tours on request (fee 15,- EUR plus Admission fee per person)

 

Exhibit : Toyama Art and Glass Exhibition in Singapore,

​The Spirit of TOYAMA GLASS

終了しました

2019.1.18-23

Toyama Art and Glass Exhibition in Singapore

The Spirit of TOYAMA Glass 

http://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/

January 18 Fri. - 23 Wed. , 2019

Japan Creative Centre (JCC)    Embassy of JAPAN

Getting to Japan Creative Centre 
4 Nassim Road Singapore 258372
Tel: +65-6737-0434

 

Talk : Demonstration & Lecture (Aichi, Japan)

終了しました

2019.1.11

I will demonstrate and lecture at Nagoya University of the Arts.

名古屋芸術大学 美術領域アートクリエイターコースにて、ガラスのデモンストレーションとレクチャーを行います。

​対象:名古屋芸術大学美術領域アートクリエイターコース学生、愛知教育大学学生、瀬戸市新世紀工芸館研修生

http://www.nua.ac.jp/faculty/art/index.html

News : Digest Movie, BIWAKO Biennale

BB's Digest Movie was updated along with the top page in BIWAKO Biennale's website. 

BIWAKOビエンナーレ2018のダイジェスト映像が下記のリンクよりご覧いただけます。

full ver.  https://www.youtube.com/watch?v=b13DwTE8NdA&feature=share

short ver. https://www.youtube.com/watch?v=AyVibxOEUcQ&fbclid=IwAR3vQQ8L9rKnM79M7eUuj1rsVFDu6ALQkyGXNximxJCx1eWvA40TsFng8CY

2018

News : Catalog, BIWAKO Biennale

BIWAKOビエンナーレ2018のカタログ販売のお知らせ

一部2600円(​過去の図録も販売しています

【図録送付お申込み方法】
メールの件名に図録の購入
本文に発送先のご住所とお名前、ご希望の図録の冊数をお書きください。

下記指定口座へ図録の代金をお振込頂き、入金の確認が出来次第、発送させて頂きます。

振込指定口座:京都銀行近江八幡支店(店番506) 
口座番号:普通預金 1020968
口座名義:トクヒ)エナジーフィールド
*誠に勝手ながら、振込手数料につきましてはご負担をお願いいたします。

事務局メールアドレス:info@energyfield.org

Exhibit : ART CRAFING TOWARDS THE FUTURE ANOTHER VOLUME (Tokyo,Japan)

終了しました

2018.12.7-16

深い静寂 IX / Profound Silence, Glass, W110 D105 H90 mm, 2018

​                 photo by Kichiro Okamura

​秋元雄史監修 もう一つの工芸未来派

http://www.wako.co.jp/exhibitions/

会期:2018年12月7日(金) - 16日(日) 10:30 - 19:00  最終日は17:00まで

会場:和光 本館6階 和光ホール

   東京都中央区銀座4丁目5-11

           (03)3562-2111

 

出展作家(五十音順、敬称略):

安達大悟(染色) 池田晃将(漆芸) 木谷洋(金工) 小曽川瑠那(ガラス) 笹川健一(ガラス) 鈴木祥太(金工)

竹村友里(陶芸) 釣光穂(陶芸) 中川周士(木工) 中村康平(陶芸) 中村卓夫(陶芸) 村瀬治兵衛(漆芸)

ギャラリートーク:各日14:00〜出品作家によるギャラリートーク(司会:秋元雄史氏)

         12/7(金)  安達大悟、池田晃将、竹村友里、釣光穂

           9(日)  木谷洋、小曽川瑠那、笹川健一、鈴木祥太

          15(土)  中川周士、中村康平、中村卓夫、村瀬治兵衛

Event : Hida no Koubou Meguri (Gifu,Japan)

終了しました

2018.10.27, 28

飛騨の工房めぐり

http://hidamokkou.hida-ch.com

飛騨を拠点に活動する作家たちが、それぞれの工房でお迎えするオープンアトリエです。
木工、ガラス、陶芸、染織り、和紙、木版画の工房が参加します。

会期:2018年10月27日(土)、28日(日) 10:00 - 17:00

会場:高山市、飛騨市内の17工房

入場:無料

飛騨の木工房の会事務局:tel 0577-35-0370

 

土曜日の18時より、北々工房さんでオープニングパーティーが開催されます。

参加費:大人500円 子どもfree

ドリンク:アルコール飲料有料 ソフトドリンク無料

飛騨市河合町稲越230

0577-65-2007

http://www.kitakita.info/

 

高山に移住して早6年が経ちました。飛騨の工房めぐりに初参加いたします。

場所は高山市の中心地・古い町並みから車で20分くらいのところです。

コーヒー・紅茶などご用意してお待ちしていますので、どうぞお気軽にお越しください。

*小曽川の作品販売は行わず、展示のみです。

Exhibit : Tobi Art Fair (Tokyo,Japan)

終了しました

2018.10.12-14

          宵闇を受けて /  Glass, W140 D90 H45 mm, 2018                                     ひかりのけしき /  Glass, W113  D52 H122 mm, 2018

​                                                                                                                          photo by Kichiro Okamura

​東美アートフェア

https://toobi.co.jp/artfair2018

今川教子・小曽川瑠那 二人展「たまゆら」

日本画の今川教子さんとの二人展です。

 

会期:2018年10月12日(金) 11:00 - 20:00

                        10月13日(土) 11:00 - 18:00

                        10月14日(日) 11:00 - 17:00

会場:東京美術倶楽部

          ブースNo.4-6 (村越画廊https://www.g-murakoshi.com )

入場料:当日券一般 ¥1,000

 

アクセス:google MAP

・三田線「御成門駅」A4出口より徒歩2分

・浅草線・大江戸線「大門駅」A4出口より徒歩5分

・JR「新橋駅」烏森口より徒歩10分

・銀座線・浅草線「新橋駅」より徒歩10分

・JR「浜松町駅」北口より徒歩10分

Exhibit : International Art Festival in OMIHACHIMAN 2018 (Shiga,Japan)

国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ

終了しました

2018.9.15-11.11

  *ポスター・チラシのメインイメージに起用していただきました。

淡い陽 2014  Subtle Scenery   /  Glass  / W205 D115 H85 mm / Private Collection』

 

International Art Festival in OMIHACHIMAN

国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ2018

http://energyfield.org/biwakobiennale/

BIWAKOビエンナーレは2年に1度、江戸時代の風情が色濃く残る滋賀県近江八幡旧市街地を会場とし、

町に点在する町家などで開催される芸術祭です。

 

2013年に京都のインセンスショップ Lisnと共同デザインした" WHITE CANVAS " シリーズ 。

今回、そのインセンスを小曽川の展示空間にご提供いただくこととなりました。

また、新たにインセンス素材で花弁を制作。焚いて灰になり、土に還る素材になることで

命の循環を想い起こさせるインスタレーションを試みます。

小曽川 瑠那 × Lisn の空間をどうぞお楽しみ下さい。

展示作品

息を織る《吸》 Weaving Life - inhale 

息を織る《呼》 Weaving Life - exhale

淡い陽 Subtle Scenery


--

会期:2018年9月15日(土) 〜11月11日(日)

   10:00-17:00  火曜日定休

会場:滋賀県近江八幡旧市街 / 総合案内所《尾賀商店》Tel 0748-36-3766

小曽川の展示会場:カネ吉別邸2階 2部屋と階段上

BBショップ:寺本邸にて、作品・オリジナルポストカードを販売いたします。

会場パスポート料金 (*【  】は前売り券)

   一般2200円【2000円】

   学生(大学・専門学生・高校生)1500円【1300円】

   中学生以下無料

アクセス:JR近江八幡駅北口 近江鉄道バス6番乗り場

     「長命寺・国民休暇村」行き → 「大杉町八幡山ロープウェイ口」下車(乗車時間約7分)

     大杉町のバス停を下車して、MAP  1〜8, 11, 12, 13, EXTは徒歩圏内。9, 10はロープウェイで移動。

     ↓Webの地図に作家名をつけたMAP↓

     https://energyfield.org/biwakobiennale/access/?fbclid=IwAR1jGsj6NAYRYgrx-zGBht7ooVX2yv_rC90pewH9CJq1eAIHHgsMvV-mKTk

     

出品作家:榎忠(金属造形/日本)、小曽川瑠那(ガラス/日本)、江頭誠(毛布による造形/日本)

     長谷川早由(日本画/日本)、井上剛(ガラス/日本)、菱田真史(科学×アート/日本)

     山田正好(針金による造形/フランス在住)、野田拓真(唐紙/日本)

     オージック(映像/スウェーデン)、ライアン・ヴィラマエル(紙によるインスタレーション/フィリピン)

     ガブリエラ・モラウェッツ(映像・インスタレーション/ポーランド)

     マチュー・キリシ(建築家・インスタレーション/フランス) 他

総合ディレクター:中田洋子

主催:NPO法人エナジーフィールド

↓現地で配布されているパンフレット↓ ダウンロードしてお使いください。

https://energyfield.org/biwakobiennale/wp-content/uploads/2018/09/BB18_pamphlet.pdf?fbclid=IwAR2S_Dr9Ned2HzNkSlxPb2clEgltiZdTbn3K27Vk5CvIIfniIVyxZV_htQQ

 

関連プログラム/プレBIWAKOビエンナーレ2018

Manila House in Manila (May 10 - Jun 30 , 2018)

Centre Pastoral Saint Merry in Paris (July 10 - August 30)

http://energyfield.org/biwakobiennale/related_programs/

News :  Hong Kong

香港の <竹 日本料理 TA-KE Japanese Restaurant">に" Reminiscence 2018 "を納品させていただきました。

器型のソリッドガラスの中央に貫通孔を通し、水が流れる仕組みになっています。

(穴あけ加工は、建築石材加工のジー・エム・シラカワさんhttp://www.gm-shirakawa.jpにご協力いただきました。)

 

レストラン内装は、隈研吾建築都市設計事務所さんが手掛けられ、

店名の<竹>をふんだんに用いた 柔らかくも洗練された空間に仕上がっています。

https://www.facebook.com/takerestauranthk/

http://www.ta-ke.com.hk

W320 D320 H22.1 mm / Glass / 20kg

Exhibit : Collection Exhibition 2018-1 (Permanent Exhibition) (Toyama, Japan)

終了しました

2018.6.9-11.4

    photo by Kichiro Okamura

コレクション展2018-I 

http://toyama-glass-art-museum.jp/exhibiti…/exhibition-2075/

収蔵作品《風のきおく》が展示されます。

会期:2018年6月9日(土)~11月4日(日)

会場:富山市ガラス美術館 展示室4 透ける収蔵庫(4F)

   9:30-18:00(金、土は20時まで、入館は閉館の30分前まで)

休館日:第1第3水曜日(ただし、8/1, 8/15は開場、8/8, 8/22は閉場)

入場料:一般大学生200円

学芸員によるギャラリートーク

7/22, 8/4, 9/1, 10/6, 11/3

​また、2Fのミュージアムショップで小品・オリジナルポストカードを販売しています。

Collection Exhibition 2018-1 (Permanent Exhibition) 

June 9 Sat. - November 4 Sun. , 2018

Hours 9:30-18:00 ( We are open until 20:00 on Fridays and Saturdays.

   Last admission is 30 minutes before closing time.)

closed First and Third Wednesdays( Open on Aug.1 and Aug.15, Closed on Aug.8 and 22, 2018)) 
             

Address  Toyama Glass Art Museum, Exhibition Room 4, Transparent Storage (4F) 

Admission  Adult & College students : 200yen

News : Germany

ドイツの "Glass Museum Lette" に作品3点が収蔵されました。

The Ernsting Foundation in Coesfeld-Lette, North-West Germany

http://www.glasmuseum-lette.de

・Profound Silence 2016 深い静寂

・Engraved on Life 2015  ひかりを刻む

 Accumulated Memory 2013  記憶のなりたち

                     photo by Kichiro Okamura             photo by Kichiro Okamura

 

 

 

Exhibit : Under50 展 (Karuizawa,Japan)

終了しました

2018.4.27-5.28 

Under50  

会期:2018年4月27日(金)~5月28日(月)

会場:ギャラリー桜の木 軽井沢店

   10:00-18:00 GW無休、火・水・木休廊

   http://www.sakuranoki.co.jp

出品作家:秋濱 克大 大和田 いずみ 小倉 亜矢子 田中 みぎわ 阪本 トクロウ

                    佐々木 理恵子 小曽川 瑠那 小林 海来 岩田 壮平 野依 幸治 橘 京身

        *小曽川の在廊予定はございません。​   

お陰様にてギャラリー桜の木 軽井沢店もオープンより15周年を迎えることとなりました。

2018年今春の軽井沢は、『Under50』展で幕開けをいたします。

『Under50』展は次世代を担う作家として50歳以下のアーティストに注目し、

ご紹介させていただく企画展として、2005年より回を重ねてまいりました。

第一回展でご紹介させていただいた千住博・近藤髙弘・三嶋りつ惠・菅原健彦・水野竜生・菅原さちよ

大和田いずみ先生方のその後の世界的な活躍は皆様ご存知の通りでございます。

Under50を卒業される先生方がいらっしゃるなか、新たな出会いもあり、

今年は11名のアーティストに出品をお願いいたしました。

10年後、皆様とこのときのことを思い出す意味が出る展覧会になることを願っております。

 

ギャラリー桜の木 軽井沢

 

 

Exhibit : Glass Botanical Garden  (Ishikawa,Japan)

終了しました

2018.4.21-7.22 

ガラスの植物園展

会期:2018年4月21日(土)~7月22日(日)

会場:石川県能登島ガラス美術館

   9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日:5月15日(火), 6月19日(火), 7月17日(火)

入場料:高校生以上800円、中学生以下無料

出品作家:勝川夏樹 小曽川瑠那 佐々木類 西悦子 藤原信幸(50音順)

        *出品作家によるトーク及びワークショップの予定はありません。

主催:石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)

後援:七尾市教育委員会 NHK金沢放送局 北陸放送 石川テレビ放送 

   テレビ金沢 北陸朝日放送 エフエム石川 ラジオななお   

 

   石川県七尾市能登島向田町125-10   

   0767-84-1175   

   http://nanao-af.jp/glass/?p=4863

   http://nanao-af.jp/glass/wp-content/uploads/2018/03/2018-1-Botanical-Garden.pdf

April 21 Sat. - July22 Sun. , 2018

Hours 9:00-17:00 / closed on Tues. 
            When Wednesday is a national holiday, closed on the following weekday. New Year’s holidays

Address  Notojima Glass Art Museum

Admission  Adults 800yen
 

私たちは身近な草木から季節の移ろいを知り、新緑のみずみずしさ、咲き誇る花の美しさを愛で、花の散りゆく様に人生のあり様を重ねます。私たちの感情に寄り添いながら暮らしの様々な場面を彩る植物は、ガラス造形の世界でも、その魅力的な姿や生命力が作家の創造力を掻き立て、実に多彩な作品が生み出されています。ガラスに表れた植物の姿は、その精緻で力強い自然の造形への驚きや、儚く美しいものへの憧憬、様々な記憶や感情をも内包し、私たちの心の深部に触れてきます。新緑の季節にぜひガラスの植物たちをご堪能ください。

Exhibit : Solo Exhibition

Runa Kosogawa - In between the sun and the rain   (Tokyo,Japan)

終了しました

2018.3.21-27 

                                                         深い静寂 / Profound Silence, Glass, W170 D130 H135 mm, 2018

 

小曽川 瑠那展 -雨と陽のはざまに

会期:2018年3月21日(水)~27日(火)

場所:日本橋髙島屋6階美術工芸サロン

   10:30-19:30(最終日は16時閉場)

            東京都中央区日本橋2-4-1

            03-3211-4111

http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/

May 21 Wed. - 27 Tues. , 2018

Hours 10:30-19:30 
Address  Art Gallery, Nihonbashi Takashimaya 6th Floor

​展覧会テキスト:

私は日常に埋もれがちな ささやかな命や出来事に気がつく瞬間を提示する、という試みをしている。

 

現代社会は複雑で多様な問題を抱えており、民族・宗教間の紛争、公害・環境問題、高齢化問題、

医療格差など枚挙にいとまがない。

この複雑に絡み合った事柄をほどいて一本の糸に視線を落とすとき、日々の営みや地域の歴史が、

横糸のように人と人とを繋ぎ、縦糸のように叡智を継承する役割を果たしていたのかもしれないことに気づく。

 

2012年に自然豊かな飛騨高山に移り住んだ私は、高齢化問題や医療崩壊に直面したことで、消えゆく慣習、

戦争・公害の風化、土地と人々の結びつきについて深く考えるようになった。

命の尊さに視点を置き、ひとつの命の価値を問うべく、トルコキキョウ・ユリ・キクなど鎮魂の意味を持つ

花々を制作している。                  

                                         小曽川 

Exhibit : Kokoro – Japanisches Glas heute ( North-West Germany)

終了しました

2018.1.13-4.2

 

 

 

 

 

 

Kokoro – Japanisches Glas heute 

From Glass Museum Frauenau to Glass Museum Lette

January 13 Sat. - April 2 Mon. ,2018

The Ernsting Foundation in Coesfeld-Lette, North-West Germany

Adress : Letter Berg 38, 48653 Coesfeld 

Tel : 0 25 46 / 93 05 11 

info@ernsting-stiftung.de  /  www.ernsting-stiftung.de

http://www.glasmuseum-lette.de

 

TEXT : JAPANESE GLASS TODAY

 

Exotic, spiritual and emotional – Japanese art has an aesthetic all its own. In our new exhibition we delve deep into this world to present current artworks in glass. These sculptures, installations and wall pictures made of glass were already on view last year at the Glasmuseum Frauenau (in the Bavarian Forest), so we seized the opportunity to exhibit this unique selection of works at the Glasmuseum Lette as well.                                                                                                   

 

Art lovers in Germany have had to wait a long time to experience contemporary Japanese glass of such excellence and diversity: The last major exhibition on this subject took place in 1993 at the Kunstmuseum Düsseldorf. Since then, Japan’s still-young glass scene has undergone some fundamental changes. While artists there initially worked with the medium of glass under the influence of European and North American role models, today’s generation takes inspiration from their own Japanese roots and values.

 

Our exhibition now gives visitors a chance to feel the effects of this elemental Japanese aesthetic sensibility. In Japanese art and culture, light and shadow, space and emptiness, silence and attentiveness are intuitively perceived and recognised not as opposites, as negative or positive poles as with us, but as value-free qualities that are inextricably connected. Only together do the two poles generate a whole.

 

The exhibition traces an arc from Japan to Europe, because it also includes works by Japanese artists living in Europe and by European artists who have lived and worked for a time in Japan. openPR.de/t945675Viewers are therefore invited to look at Japan from multiple perspectives.

 

We would like to warmly thank the participating artists for making this possible:

Machiko Ito (Toyama, J), Masami Hirohata (Nuremberg, D), Jin Hongo (Toyama, J), Tsuyoshi Inoue (Tokyo, J),

Ai Kigoshi (Tokyo, J), Yoshiaki Kojiro (Takayama, J), Takahito Komure (Akita, J), Runa Kosogawa (Takayama, J),

Yoko Miyata (Hiroshima, J), Keiko Mukaide (Edinburgh, GB), Akira Nakagawa (Hokkaido, J), Mica Okuno (Yokohama, J),

Shunji Omura (Chibaken, J), Mare Saare (Tallinn, EST), Masahiro Sasaki (Nagoya, J), Lada Semecká (Teplice, CZ),

Yoshi Yamauchi (Kevelaer, D), Harumi Yukutake (Tokyo, J)

 

Thank you 

2017

Christmas ART session展  (Kanazawa, Japan ) 

終了しました

2017.12.13-26

 

 

 

​2017年最後の展覧会です。

Christmas ART session展 

会期:2017.12.13(Wed.)- 26 (Tue.)

会場:横浜髙島屋7階美術サロン

http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/event3/

​LISNとコラボレーションしたインセンス『WHITE CANVAS』がPOP UP SHOPで販売されます。(Kyoto, Japan)

終了しました

2017.12.1-12.25

インセンスショップ・リスンとコラボレーションした『WHITE CANVAS』シリーズが期間限定で販売されます。

会期:2017年12月1日(金)~12月25日(月)

場所:藤井大丸3FフロアのPOP UP SHOP内

   京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町605番地

同商品はCOCON烏丸京都店、東京・青山店、オンラインショップでもお求めいただけます。

http://www.lisn.co.jp

http://store.lisn.co.jp/shop/goods/search.aspx?search=x&keyword=white+canvas&x=0&y=0

https://www.fujiidaimaru.co.jp/ 

The International Hokuriku Kogei Summit -World kogei 100 (Toyama, Japan)

 国際北陸工芸サミット「ワールド工芸100選」展   

終了しました

2017.11.16- 2018.1.8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際北陸工芸サミットワールド「工芸100選」展内 北陸工芸アワード

会期:2017年11月16日(木)~2018年1月8日(月)祝日

会場:富山県美術館2F 展示室2

   9:30-18:00 /  休館日は水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日

   富山県富山市木場町3-20

観覧料:一般1,300円(1,000円)、大学生950円(750円) 一般前売り1,000円

TEL :   076-431-2711

http://kogeisummit.jp

http://tad-toyama.jp

 

 

The International Hokuriku Kogei Summit -World Kogei 100

November 16 Thurs. - January 8 Mon. , 2018

Hours 9:30-18:00 / closed on Wed. (Except national holidays)
            When Wednesday is a national holiday, closed on the following weekday. New Year’s holidays

Address  Toyama Prefectural Museum of Art and Design (TAD)

     3-20 Kibamachi, Toyama 930-0806 Japan

Admission  Adults 1,300yen (1,000yen*), University students 950yen (750yen*), Advance ticket 1,000 yen
Tel +81-76-431-2711

https://kogeisummit.jp/en/

http://tad-toyama.jp/en/

Solo Exhibition 

RUNA KOSOGAWA glass exhibition  - Les Fleurs de JACQUES LINARD (Tokyo, Japan)

​終了しました

 

2017.9.15-30

RUNA KOSOGAWA glass exhibition  - Les Fleurs de JACQUES LINARD 

 

会期:2017年9月15日(金)~30日(土)

会場:tmh.&L'INTERIEUR

   12:00-20:00, (日)12:00-19:00 /  店休日:9/19(火)・25(月)

在廊予定:9/15(金) 15-18時
                   9/16(土)-18(月) 14-18時
                   9/30(土) 15-20時

東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 2B

03-3716-6982, info@atelier-tmh.com

www.atelier-tmh.com  FB: tmh.  IG: tmh._jewellery

 

 

September 15 fri. - 30 sat. 2017

tmh.&L'INTERIEUR

open 12:00-20:00, sun. 12:00-19:00 / closed on 19 tue. & 25 mon.

2B, 2-9-8, Ebisu minami, Shibuya-ku, Tokyo

+81-3-3716-6982info@atelier-tmh.com

www.atelier-tmh.com  FB: tmh.  IG: tmh._jewellery

展覧会紹介文:

2015年、ジュエリーブランドtmh.が発表したピンシリーズ“NINE FLOWERS”。   

このピンシリーズは、フランス人静物画家Jacques Linardの絵画“CORBEILLE DE FLEURS”(花籠)がベースとなったものです。

そして今回、このJacques Linardの絵画世界をイメージソースに、ガラス彫刻家 小曽川瑠那氏にガラス作品の制作を依頼、実現できることとなりました。

  

1597年、北フランス・シャンパーニュ地方のトロワに生まれ、1620年代前半からパリでその生涯を過ごした静物画家ジャック・リナール。

同じ写実主義の画家の中でもリナールの作品には、人間の五感と自然界の四元素をテーマとした世界が色濃く感じられます。

 

小曽川氏の創り出すひじょうに繊細かつ高度な作業を要するガラス作品は、現代のあまりにも問題多き、苦悩多き社会にしっかりと向き合う

作家自身の意識と感情の静かな結晶といえましょう。

 

今展では、リナール絵画への小曽川氏独自の解釈によるガラス作品とtmh.による展示構成で、ジャック・リナールの絵画世界の表出を試みます。

“Les Fleurs de Jacques Linard”の世界をどうぞお楽しみください。

© 2020  RUNA KOSOGAWA.  All rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン